COMMON REED scene panel

jasonwongart:

Speed Animation 120
I tried something different today, a run with really pushed perspective and it was pretty difficult.  lately i’ve been obsessed with drawing pushed perspective and really pushing proportion so this was pretty fun for me.  The speed lines didn’t turn out how i wanted and it was first time attempting those and for some reason my mind isn’t grasping the concept of them…. well, i can try again on another animation.  this test took me about an hour and a half because it was so challenging.  but i learned something new today!

jasonwongart:

Speed Animation 120

I tried something different today, a run with really pushed perspective and it was pretty difficult.  lately i’ve been obsessed with drawing pushed perspective and really pushing proportion so this was pretty fun for me.  The speed lines didn’t turn out how i wanted and it was first time attempting those and for some reason my mind isn’t grasping the concept of them…. well, i can try again on another animation.  this test took me about an hour and a half because it was so challenging.  but i learned something new today!

“通常、2人によるチェックよりも3人、3人よりも4人とチェック数が増加するほど確実性が高まると考えがちです。しかし、大学での実験で、人の目による同種の多重チェック行為では「2重のチェックが最も確実性が高く、3重以上ではむしろ確実性は下がる」ケースがあるという結果が出ました”
「安全の仕組みの落とし穴」 (via jun26)

(yellowblogから)

(元記事: teimur (yellowblogから))

“「しかし、最も重要なことは、このSTAP細胞の財産的価値であり、国際知財戦争における、STAP細胞に関わる日本の戦力の発揮の仕方であろう。STAP細胞の検証実験を国としてもしっかりサポートしたうえで、その成果を日本の知財の輝ける成果(武器)として、世界に挑戦してゆくことこそが望まれている」”
丸山弁護士が緊急激白「STAP細胞の存在証明を祈る」 - 芸能 - ZAKZAK (via kotoripiyopiyo)

(kotoripiyopiyoから)

私が思う必要な訓練は
「知らない人についていかない」といった言い聞かせではなく
知らない人に誘われたら、「誰かに言ってくる!」と答えて、
誰かに言いに行く。 という訓練だと思うのです。

小学校でも、幼稚園でも、

先生:「知らない人に道を聞かれたら?」
子供達:「待ってて、誰かに言ってくる!」
→「誰か」を見つけに走って伝える。

先生:「じゃあ、知らない人がお母さんが病気だよ早く乗って!と言ったら?」
子供達:「待ってて、誰かに言ってくる!」
→また「誰か」を探して伝える。

つまり知らない人を疑う判断を子供にさせるのではなく
「待ってて、誰かに言ってくる!」
これを必ず言うことを教育するのです。

先の訓練では例えば周りに大人がいない状況を作り、
職員室なりに大人を探しに行かせる。
友達に伝える子には「50点!大人に言ってね」とダメ出しをする。

「待ってて、誰かに言ってくる!」という表現は
相手が疑わしくても優しく見えても、 見知った人でも
いずれにしても気遣いなく発しやすいです。
「待ってて」という言葉が「相手への信頼」を示すからです。
かくして、
良い人なら待ってますし、悪い人ならすぐに離れます。
子供自身も「待ってて、誰かに言ってくる」と言ったからには
次の行動は即座に場を動くことになります。

所属:少数派 【子供達へ…自分を守るオマジナイ】
これはかなり有効な訓練だと思う。 (via ataru-mix)

「自社に持ち帰って確認いたしますので、少々お待ちいただけますでしょうか」
つまり権限範囲を超える問い合わせについて、その場で顧客に答えるのではなく「持ち帰って確認いたします」という事を教育するのです。
良い顧客なら待ってますし、悪い顧客なら怒鳴られます。

(via yukiminagawa)

(kao-ringから)

“ あなたが他人と比較したり、競争したりせずに、自分自身でいることに満足していれば、おのずと人はあなたを尊敬してくれる。もっと重要なのは、あなた自身が自分に誇りをもてることだ。

 どうして、他人にあなたのレッテルを貼らせるのか? 誰もあなたのことを決めつけることなどできないとわかれば、違ってくるのでは?誰にもあなたを決めつける権利などない。人はあなたの話を聞いて、あなたのことがわかった気でいるかもしれないが、彼らはあなたが味わった感覚を体感することはできない。彼らはあなたの人生を生きているのではないのだから。

 だから、他人があなたについて考え、語ることなど忘れること。自分について、あなた自身がどう感じるかだけを考え、一番いいと思う道を歩き続けよう。

 誰かがあなたのことをなにか言う。それが真実であろうがなかろうが、そんなことは問題ではない。いずれにしても、他人があなたについてあれこれ言うことは、あなたの問題ではない。そんなことを言う彼らのほうに問題がある。”
幸せな人が絶対にしない6つのこと : カラパイア (via kotoripiyopiyo)

(kotoripiyopiyoから)

(元記事: supmaiah (ryuicostaworldから))

Mad Blunted Jazz
DJ Cam / Mad Blunted Jazz

jillsandwich:

DJ Cam - Mad Blunted Jazz

(acidkingから)

1,329 再生
d3lt4:

"Deep Blue" Art print

d3lt4:

"Deep Blue" Art print

Martin Denny (Usa, 1957) - Exotica

(出典: youtube.com)